どうしてMacアプリは×ボタンを押しても起動したままになるのか。疑問に思ったことはありませんか?

私もWindowsやLinuxベースのUbuntuから乗り換えたばかりのときに、慣れるのに苦労したことを覚えています。

ズバリ結論はこうです。

結論

  • Windowsの×ボタンは「終了」に対してMacの×ボタンは「閉じる」を意味する。
  • 起源は複数アプリを開けなかった時代の名残りだったが、あえて残して今にいたる。

そこで、今回はMac歴5年以上のたちばなが以下の内容を解説していきます。

本記事の内容

Macを使うななら知っておきたい内容になっていますので、ぜひ最後までお付き合いください!

スポンサーリンク

Windows/LinuxからMacへ乗り換えると感じる違和感

パソコンに驚く女性

今でこそバリバリiMacを使ってますが、私のパソコンの歴史はWindowsから始まりました。

初めてのPCはWindows95が搭載されたNECのLAVIE(ラヴィ)。ホーム画面にやたらと使わないアプリが並んでたっけなぁ。

当時はたまにWordを使う程度で、インターネット通信もダイアルアップ接続と言って、使ったら使った分だけ請求されるものでしたので、今みたいにネットサーフィンとかできない時代でした。

そそ、ちょうど映画「ユーガットメール」の世界。

その後、あっという間に光回線が普及して基本料金もどんどん下がってくると、今度はパソコンの性能が問題になっていきました。

Windows搭載パソコンはすぐ壊れる。ひどいときは半年に3台潰したこともあります。で、壊れたパソコンにLinuxベースのUbuntuを入れたりしてなんとかしのいでましたが、それも限界がきてしまって。

んで、思い切って買ったのがiMac。

当時のMacパソコンって、値段が高いし、作図とかプログラミングとか技術者向けのパソコンというイメージが強かったのでまったく候補に入ってこなかったんですよね。

しかし、思い切って買ってみると…後悔の嵐でした。
「なんで、もっと早く買わなかったのか」ってね。

WindowsやLinuxからだと慣れるのに少し時間がかかりました。一番気持ち悪いと感じたのが、×ボタンを押してもウィンドウが閉じるだけで、アプリは終了しないというMac独特の挙動。

Macでアプリの×を押すとこうなります

膝の上にMacbookを置いて操作する男性

×ボタンを押してもウィンドウが閉じるだけで、アプリは終了しないというMac独特の挙動とはなんのことなのか、Macに慣れると特に何の違和感もなくなってしまいますので、おさらいです。

例えばSafariを起動した場合。
左上の赤い×ボタンを押すと、ウィンドウは閉じられます。

SafariのXボタン

しかしメニューバーをみると、Safariはまだ起動したままだということが分かります。

メニューバーに残ったSafari

そして今、どのアプリが起動中かを確認するには、Dockをみます。グレーの○が表示されて入れば起動中です。

Dockで起動中のMacアプリを確認する

ちなみに赤い×ボタンを押すことで終了するアプリもあります。例えばこんなもの。

  • 純正メモアプリ
  • システム環境設定アプリ
  • 純正リマインダーアプリ
  • 純正連絡先アプリ などなど

ここでいう「純正」とは「Apple社製の」という意味です。

macOSでアプリを完全に終了する方法

サイドバーの◯◯を終了をクリックする

では完全にアプリを終了するにはどうしたらいいのか、方法がいくつかあります。私がよく使っているのは以下の3つです。

  1. メニューバーから終了する方法
  2. Dockアイコンから終了する方法
  3. アプリケーションスイッチャーから終了する方法

詳しく解説します。

メニューバーからアプリを終了する方法

まずは一般的な方法から。

  1. メニューバーから「アプリ名」をクリックします。
  2. サイドバーのアプリ名をクリックする
  3. 一番下の「〇〇を終了」をクリックすればOK。
  4. サイドバーの◯◯を終了をクリックする

Dockアイコンからアプリを終了する方法

Dockからもできます。

  1. Dockのアイコンを右クリックします。
  2. Dockにあるアプリを右クリックする
  3. 「終了」を選択します。
  4. 右クリックしてアプリを終了する

アプリケーションスイッチャーからアプリを終了する方法

この方法はMacならではの方法で、慣れるとすごく便利です。
基本、Commandキーは押したままです。

  1. 「command+Tab」を押してアプリケーションスイッチャーを起動します。
  2. 「command」を押したまま「Tab」を押して終了したいアプリを選択します。
  3. 「command」を押したまま「Q」を押せばOK。

ちなみになぜ「Q」かというと、quit(やめる)の「Q」だから。

なぜこんなことになっているの?

AppleのMacミュージアム

恐らく大半のかたが違和感に気づきながらも、「これがMacだから」と割り切っているんじゃないかと思います。私もそうでした。

しかし改めてその理由を調べてみると、こちらの記事に思わず「なるほど!」と思える理由が書いてありました。

これによると…。

初期のMacは今のように複数のアプリを開くことができず、基本的に1度にひとつのアプリしか使えませんでした。

そこで、×ボタンでアプリ自体を終了してしまうと、終了→起動を繰り返さないといけなくなるため、手間を省くという意味でも、×ボタンを押した後でもメニューバーに残しておいて、いつでも作業をできるようにしておこうとしたのが始まりだったみたいです。

つまりAppleにとって×ボタンは「閉じる」という意味であり、Windowsの「終了」と比べるとそもそもの概念が違うんです。

また、昔はメモリが少なくて複数のアプリ開きたくても開けなかったという事情もあったんだと思います。進化したのちもそのシステムを残したことは、ユーザーの使い勝手を重視した、Apple社ならではのことだったといえます。

まとめ

なぜMacアプリは×ボタンを押しても終了しないのか

今回の内容をまとめます。
WindowsとMacでは×ボタンの概念が違います。

  • Windowsの×ボタンは「終了」に対してMacの×ボタンは「閉じる」を意味する。
  • そして起源は複数アプリを開けなかった時代の名残り。ただ、それをあえて残したことで、そのままAppleらしさになった。

ますます好きになったぜ、Mac!!