Softbankを解約しようと思った経緯とmineoを選んだ理由

    mineoでBlackBerryを使う

    こんにちは!橘 右京(たちばな うきょう)です。

    遂にSoftbankを解約して、mineo(マイネオ)に乗り換えました!

    長かった2年縛りに別れを告げたのですが、なぜ解約してmineo(マイネオ)を選んだのか、またmineo(マイネオ)ってどんな会社なのか。

    乗り換え後の料金試算を交えながら、ご紹介します。

    Softbankを解約しようと思った理由は?

     

    まさこさん(@masako0703)がシェアした投稿

    もしかすると、「まだキャリア使ってたの?」と思ったかもしれませんね。

    2年縛りやSoftbank光との絡みがありましたので、まだSoftbank使ってたんですが、いよいよ乗り換えました。

    そして、いよいよ乗り換えようと決心したキッカケがありましたので、その内容をご紹介します。

    機種変更しても段階的に料金が上がる

    一番の理由はこれですね。

    機種変更しても2ヶ月目から徐々に使用料金が上がって行ってしまうことが判明したんです。かなりショックでした。

    お得感が全くなくなってしまったんです。具体的な金額でお話していきましょう。

    【表1】端末の分割が残っている現在の料金

    契約内容 1年後2年後
    機種代金iPhone 6s Plus 16G(24回)4,4404,4400
    通話基本料金通話定額2,9162,9162,916
    通信基本料金
    データ定額5GB5,4005,4005,400
    ウェブ使用料324324324
    オプションあんしん保証パック(i)702702702
    割引
    月月割(24回)-3,235-3,2350
    おうち割光セット-1,522-1,522-1,008
    のりかえ割(12回)-1,39300
    のりかえ下取りプログラム(24回)-1,035-1,0350
    合計6,5977,9908,334

    まずは、このまま機種変更しなかったパターン。

    端末の分割は終わったはずなのに高くなってしまうので、機種変更は必須です。

    元ショップ店員が暴露する2年で機種変更しないと損する仕組み

    【表2】新端末の2年分割で機種変更した場合

    契約内容 
    機種代金iPhone 8s Plus 64G(24回)4,420
    通話基本料金通話定額2,916
    通信基本料金
    データ定額5GB5,400
    ウェブ使用料324
    オプションあんしん保証パック(i)896
    割引
    月月割(24回)-1,405
    おうち割光セット-1,008
    下取りプログラム(24回)-1,010
      
    合計10,533

    1台で1万円越えは論外ですよね。さすがにこれでは家計を圧迫します。

    【表3】新端末の4年分割で機種変更した場合

    契約内容 2年後4年後
    機種代金iPhone 8s Plus 64G(48回)2,2102,2100
    通話基本料金通話定額2,9162,9162,916
    通信基本料金
    データ定額5GB5,4005,4005,400
    ウェブ使用料324324324
    オプションあんしん保証パック(i)896896896
    割引
    月月割(48回)-1,405-1,4050
    おうち割光セット-1,008-1,008-1,008
    下取りプログラム(24回)-1,01000
        
    合計8,3239,3338,528

    4年もかけて払うのに、今までよりも高くなってしまいます。これでは全く意味がありません。

    2年縛りにうんざりした

    端末はほとんど無傷で、バッテリーの減りが早くなっただけなのに、料金が高くなってしまうがゆえに機種変更しないといけないそのサイクルに、正直ウンザリしていました。

    また、最近のスマホは高機能なので、正直2年ぐらいでは使いこなすこともままならないですからね。

    以前はショップ店員として機種変更をおすすめしてきましたが、2年縛りから脱却してmineno(マイネオ)に乗り換えようと思ったのです。

    mineo(マイネオ)ってどんな会社?

     

    千賀 猛さん(@fukusen1129)がシェアした投稿

    顧客満足度が高いことで有名なmineo(マイネオ)は、どんな会社なのか気になったので調べてみました。

    関西電力グループのIT会社

    mineo(マイネオ)は関西電力グループである株式会社ケイ・オプティコムが運営している通信会社です。

    mineoは(マイネオ)「my」「mine」「neo」を組み合わせた造語で、MVNO(仮想移動体サービス事業者)として始めて「au 4G LTE」の回線網を使用しており、安い価格と高品質な通信を実現した事業者です。

    LaLaCallとeo光も展開中

    LaLaCallという通話アプリでも広く知られており、現在は電力や光ファイバー通信のeo光も関西地域で展開しています。

    mineo(マイネオ)を選んだ理由は?

     

    やすこさん(@yasuko_0311)がシェアした投稿

    いわゆる格安SIMは種類が多く、1つに絞り込むのは難しいぐらいですが、その中でもmineno(マイネオ)を選んだ理由は5つあります。

    • 2年縛りがない
    • 動作確認端末が多かった
    • 家族割がある
    • パケットをシェアできる
    • 独自のフリータンク・チップ

    具体的にみていきましょう。

    2年縛りがない

    通話付きプランを契約した場合、1年以内にMNPすると契約解除金がかかるという例外はありますが、基本的に2年縛りはありません。

    縛りがなければ、もしダメでも他を契約できるので、初めての方でもトライしやすいですよね。

    動作確認端末が多かった

    キャリアを解約してようかと考えた際に、ぜひ使ってみたい憧れの機種が急に浮上しました。

    BlackBerryです。

    以前ご紹介したように、海外製のSIMフリー機を選ぶ際は、対応周波数等に気をつけなければいけないのですが、mineo(マイネオ)は多数の端末の動作確認をしており、公式HPにも掲載しています。

    参考 動作確認端末一覧をmineoHPで確認する

    家族割がある

    格安SIMには家族回線への割引が適用される”家族割”というサービスがほとんどないのですが、mineo(マイネオ)にはあります。

    ただし、従来のような通話無料というようなサービスではなく、あくまで基本料金に割引が入るというもの。

    とはいっても、他の回線会社にはないサービスなので、嬉しいですよね。

    パケットをシェアできる

    mineo(マイネオ)を利用している方であれば、家族以外の方でもパケットを分け与えることができます。

    mineo(マイネオ)ユーザーなら誰でもというのは、太っ腹ですよね。

    独自のフリータンクとチップ

    これもmineo(マイネオ)独自のサービスでとてもユニークなのですが、余ったパケットを入れて全国のmineo(マイネオ)ユーザーとシェアできるフリータンクと、コミュニティ経由で友達にチップ感覚でパケットをあげることができるチップというサービスがあります。

    mineo(マイネオ)ユーザーならみんな仲間という考え方をもとにしたサービスで、 ここ最近ユーザーを急激に増やしているmineo(マイネオ)の人気の秘密のひとつは、ここにあるのかもしれません。

    参考 minoeHPでもっと詳しく確認する

    minoe(マイネオ)にしてどれぐらい安くなった?

    コストのバランス

    まだ契約したばかりですので、レビューというほどではありませんが現時点でどれぐらい安くなったのかご紹介します。

    年間65,580円の削減に成功した

    まずは以下の表で具体的な数字です。

    【表4】Softbankで使い続けた場合

    契約内容 
    機種代金iPhone 6s Plus 64G0
    通話基本料金通話定額2,916
    通信基本料金
    データ定額5GB5,400
    ウェブ使用料324
    オプションあんしん保証パック(i)0
    割引
    月月割(24回)0
    おうち割光セット0
    下取りプログラム0
      
    合計8,640

    【表5】mineo(マイネオ)に乗り換えた後の月額料金

    契約内容初月2ヶ月後半年後
    機種iPhone 6s Plus 64G000
    通話+通信基本料金
    Dプラン デュアルタイプ (3GB)1,7281,7281,728
    ユニバーサルサービス料222
        
    オプション通話定額30907907907
    割引
    100万回線ありがとう!900円6カ月割引キャンペーン-907-907 
     000
     000
     000
    初期費用
    契約事務手数料3,24000
    SIM発行手数料42500
    合計5,3951,7302,637

    月に5,000円以上の安くなるなのでにんまりです。

    手続き等に関してはまた後日

    今回はSoftbankからmineo(マイネオ)に乗り換えようと思った経緯と、その理由を中心にご紹介しましたが、いかがでしたか。

    具体的な手続きやレビューに関してはまた後日ご紹介します!

    それでは、また!

    あなたのいいね!が
    記事更新の励みになります

    Twitter で