映画「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」感想ネタバレ解説 スマホ依存症を考えさせられたR指定コメディ

映画「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」レビュー

2019年公開の映画「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」の配信がNetflixで開始されました。

視聴前の予想と、実際に視聴した後の感想を中心に、キャストやサントラ情報などをまとめてみました。

目次

1.「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」

「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」ポスター
(C)2019 CBS Films Inc. All Rights Reserved.

2021年の10月4日に9歳の誕生日を迎えたAppleのAI、Siri。

Siriに「お誕生日おめでとう」と言ってあげると、普段とは違うリアクションが見られるとのことで、さっそくSiriに声を掛けてみた人も多いはず。

まぁ、SiriはAIというよりもアシスタントという位置付けなので、映画に出てくるような自我を持ったコンピュータではありませんが、実はSiriもAIに分類されます。

私はもっぱら計算機代わりにしか使ってませんけどね・・・。

デバイス界の2大スターといえば、AppleのSiri(シリ)と、AmazonのAlexa(アレクサ)。まぁ、あと一応MicrosoftのCortana(コルタナ)もかな。

今や知らない人がいないほどポピュラーな存在になりましたが、今回の映画「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」はこのスマホのアシスタントAIが軸になっているんだとか。

ただ、あらすじや予告編を観ているかぎりでは、そんなアシスタントAIが暴走するような物々しさを感じます。

アダム・ディヴァインが主役だから完全にコメディだと思ってたんだけど、まさか「2001年宇宙の旅」に登場したAI、HAL-9000や「イーグル・アイ」に出てきたアリアのように人間を追い詰めていくわけじゃないだろうね~。はたして!!

というわけで、さっそくNetflixで観てみました。

1-1.作品情報

「ハングオーバー!」シリーズ、そしてNetflix映画「バッド・ママ」シリーズを手掛けたジョン・ルーカススコット・ムーアがタッグを組んで2019年に公開された今回の作品。

「ハングオーバー!」シリーズやNetflix映画「バッド・ママ」シリーズ観ても分かるように、おバカで下品、そして時には笑えない、いや笑っちゃいけないブラックジョークを連発する映画だと思うでしょ?

安心してください!今回もその路線です!!期待は裏切りませんよ。

でも、そんなドタバタ劇の中にもちゃんとした深ぁいテーマがある。おも~いテーマをかる~いタッチで描くので、観たことを後悔するようなことはありません。きちんとあなたの中に何かを残してくれます。

今回のおバカテイストの根底にあるテーマは、スマホ依存症。もっというなら、SNSやテクノロジーの闇です。

気がつけばテクノロジーに振り回されている現代人に警笛を鳴らすとこなんかは、さすがだなと思いましたね。しっかりと身近なテーマを選んでらっしゃる。

「私はスマホ依存症ではない」と思っているあなたも、スマホがいかに生活の中心となっているのか気づかされ、考えさせられる映画になっているので15歳以上の人にはぜひ観てもらいたい映画です。

1-2.あらすじ

子どもの頃からスマホ依存症で、恋人も友だちもいないフィルが、スマホを機種変更した。新しいスマホにはすべての個人情報を把握し、生活すべてをコーチングする機能「ジェクシー」が搭載されていた。

うだつの上がらないフィルの生活のすべてを一方的にコーチングするジェクシーに、フィルは振り回されるが、やがてジェクシーのおかげで恋人ができ、生活は劇的に変化していく。

しかし、ジェフに恋人ができた途端に嫉妬に狂ったジェクシーが豹変し……。

映画.comより抜粋
映画「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる