2019年公開の映画「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」の配信がNetflixで開始されました。

視聴前の予想と、実際に視聴した後の感想を中心に、キャストやサントラ情報などをまとめてみました。

スポンサーリンク

1.「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」

「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」ポスター
(C)2019 CBS Films Inc. All Rights Reserved.

2021年の10月4日に9歳の誕生日を迎えたAppleのAI、Siri。

Siriに「お誕生日おめでとう」と言ってあげると、普段とは違うリアクションが見られるとのことで、さっそくSiriに声を掛けてみた人も多いはず。

まぁ、SiriはAIというよりもアシスタントという位置付けなので、映画に出てくるような自我を持ったコンピュータではありませんが、実はSiriもAIに分類されます。

私はもっぱら計算機代わりにしか使ってませんけどね・・・。

デバイス界の2大スターといえば、AppleのSiri(シリ)と、AmazonのAlexa(アレクサ)。まぁ、あと一応MicrosoftのCortana(コルタナ)もかな。

今や知らない人がいないほどポピュラーな存在になりましたが、今回の映画「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」はこのスマホのアシスタントAIが軸になっているんだとか。

ただ、あらすじや予告編を観ているかぎりでは、そんなアシスタントAIが暴走するような物々しさを感じます。

アダム・ディヴァインが主役だから完全にコメディだと思ってたんだけど、まさか「2001年宇宙の旅」に登場したAI、HAL-9000や「イーグル・アイ」に出てきたアリアのように人間を追い詰めていくわけじゃないだろうね~。はたして!!

というわけで、さっそくNetflixで観てみました。

1-1.作品情報

「ハングオーバー!」シリーズ、そしてNetflix映画「バッド・ママ」シリーズを手掛けたジョン・ルーカススコット・ムーアがタッグを組んで2019年に公開された今回の作品。

「ハングオーバー!」シリーズやNetflix映画「バッド・ママ」シリーズ観ても分かるように、おバカで下品、そして時には笑えない、いや笑っちゃいけないブラックジョークを連発する映画だと思うでしょ?

安心してください!今回もその路線です!!期待は裏切りませんよ。

でも、そんなドタバタ劇の中にもちゃんとした深ぁいテーマがある。おも~いテーマをかる~いタッチで描くので、観たことを後悔するようなことはありません。きちんとあなたの中に何かを残してくれます。

今回のおバカテイストの根底にあるテーマは、スマホ依存症。もっというなら、SNSやテクノロジーの闇です。

気がつけばテクノロジーに振り回されている現代人に警笛を鳴らすとこなんかは、さすがだなと思いましたね。しっかりと身近なテーマを選んでらっしゃる。

「私はスマホ依存症ではない」と思っているあなたも、スマホがいかに生活の中心となっているのか気づかされ、考えさせられる映画になっているので15歳以上の人にはぜひ観てもらいたい映画です。

1-2.あらすじ

子どもの頃からスマホ依存症で、恋人も友だちもいないフィルが、スマホを機種変更した。新しいスマホにはすべての個人情報を把握し、生活すべてをコーチングする機能「ジェクシー」が搭載されていた。

うだつの上がらないフィルの生活のすべてを一方的にコーチングするジェクシーに、フィルは振り回されるが、やがてジェクシーのおかげで恋人ができ、生活は劇的に変化していく。

しかし、ジェフに恋人ができた途端に嫉妬に狂ったジェクシーが豹変し……。

映画.comより抜粋

1-3.監督

本作の監督は、ジョン・ルーカススコット・ムーアのダブルネーム。この二人が組んだら何かが起こるというぐらいの、ベストコラボレーションです。

Embed from Getty Images

ロサンゼルスで行われたワールドプレミアでは、監督両名がインタビューに応じて、こんなことを話していました。

「この映画は、私たちの普段の生活の一部を切り取ってコミカルに表現しただけです。」

「我々が普段の生活の中で抱える、スマホへのストレスを映画を通して気づいて欲しいし、アダムの素晴らしい演技を通して、ぜひ主人公と自分を重ねてみてほしい」

作品のトーンからは想像できないほどマジメでしっかりしたコメントですよね。散々笑った先に思わず考え込んでしまうほど重いテーマを取り上げるのは、この2人の匠の技だといえます。

1-4.キャスト

どこにでもいるような普通の青年を演じたのは、アダム・ディヴァイン

Embed from Getty Images

特徴的な声もさることながら、「ピッチ・パーフェクト」でも見せたようなどうしようもない役から、「マイ・インターン」のように現代の若者を代表するような自然な演技をすることでも定評があります。

なんと言ってもコメディアンなので、「映画でまで聞きたくない」ようなセリフでもコミカルな独特のテンポでサラッとやってのけてしまいますよね。

今回もなかなかのダメ男を演じていましたが、どこか他人事とは思えない、そんな共感も覚えました。

ヒロインを演じたのは、アレクサンドラ・シップ

Embed from Getty Images

「X -MEN:ダーク・フェニックス」で、ストーム役を演じたことを一気にスターダムを駆け上がっている女優です。

人がうらやむような経歴を持っていながら、夢を追いかけるために全てを捨てるようなたくましさを持つケイトを好演しました。

彼女の役もまた、レールにひかれた人生を歩みながらも、本当にやりたいことを探して彷徨う現代人そのものでした。

不満があっても現状に甘んじてしまう主役とは正反対の存在なので、この二人の対比がストリーを引き立ててくれてましたし、なんと言ってもこちらは生身の人間。同じ女性でもAIであるジェクシーとはこんなに違うんだという対比のためにも、非常に重要な役柄でした。

それはそうと、リアルに考えて、こんな美人がうだつの上がらないオタクなんかに惹かれることってあるのかな・・・。

フィルの上司であるカイ役で登場したのが、マイケル・ペーニャ

Embed from Getty Images

クリント・イーストウッド監督作の「ミリオンダラー・ベイビー」や「運び屋」、「アントマン&ワスプ」やウィル・スミス主演の感動大作「素晴らしきかな、人生」などにも出演した大物俳優に、こんな役をやらせても大丈夫なのというほど信じられないゲスな上司を演じていました。でもどこか憎めない。リアルだったら、靴にガムを入れてやりたいほどのゲスなのに、本当に憎めない。最後のシーンでは、ジェクシーの次のターゲットになっていましたよね。

この人がいなかったら、この映画はここまで面白くなかったと思います。本当に。

次に、スマホのAI、ジェクシーを声だけで演じたのは、ローズ・バーン

Embed from Getty Images

名前は知らなくても、顔はどこかで見たことがあるというほど、数々の名作に出演し、存在感を残す女優です。ブロードウェイの舞台にも出る人なので、実力は折り紙付き。

私も最近では、「ANNIE/アニー」で観たばかりでした。

ジェクシーは、ひと昔前のAlexaやSiriといった感じ。単語と単語をつなぎ合わせただけの、ぎこちなさが残る話し方のアシスタントAIです。

そんな話し方で、あんな悪態をついたり、下品な下ネタを連発するのがのがおもしろくっておもしろくって。久々に腹がよじれるほど笑いましたね。

充電ケーブルの抜き差しで悶えるシーンは、映画史に残る“迷シーン”になったでしょう。間違いなく。

最後にメインキャストではないんですが、個人的に大絶賛した役が、スマホショップの店員デニースを演じた、ワンダ・サイクスです。

Embed from Getty Images

言いたい放題、やりたい放題のおばちゃん。

私も携帯ショップ店員をしていたので分かるんですが、お客さんってなんというか、ツッコミどころ満載なんですよね。

スマホを落として傷だらけ、画面にも大きなひび割れがあるのに「故障した」と言い張ったり、「波長が合わない」というオカシな理由で返品交換を求めたり。このデニースもそんなどうしようもないお客さんを相手にしているうちにこうなってしまったんだろうなと、激しく共感しました。

なかでも、バラバラになったスマホを修理してくれと無理に懇願する主人公に対して、「あんたに必要なのはスマホじゃなくて、スマホ依存病のリハビリなんだよ。このヤク中が。」と言い放ったシーンでは思わず拍手喝采しました。

アフリカ系アメリカ人独特の言い回しは、トゲのあるセリフでもコミカルになってしまうので、本当に面白いですよね。

「二度とここに戻ってくるんじゃないよ。戻ったらKindleでぶっ飛ばすからね」

最高やわ。

1-5.日本語吹き替え声優

これだけ毒のあるジェクシーを、日本語吹き替えでは誰が担当するのか注目が集まりました。

演じたのは、花澤香菜さん。

とっても透き通ったキレイな声。まぁ、それは結構だと思うんですが、なめらかすぎる。

もっと単語と単語を繋ぎ合わせただけの粗い感じが良かったなと正直感じました。 

2.「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」の曲と挿入歌

本作では特に目をひくならぬ、耳をひく挿入歌が目立ちます。

ジェクシーの悪態とあいまって、「この曲、この映画のシーンのために作ったんじゃないの?」と思えるほどマッチングした曲が多かったサントラです。曲を聞けば、自然とそのシーンを思い出させてくれます。

また、フィルが自身を取り戻して人間的に成長するシーンも、曲がしっかり盛り上げていました。

挿入歌も網羅したプレイリストはこちらから。

3.「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」感想(ネタバレあり)

スマホもいいけど、たまには顔を上げて周りの景色を見渡してみなよ。

世界はあなたが思っている以上に広いんだよ。確かに今はスマホでなんでも調べることができるけど、人との関わりまでは教えてくれないんだよ。

そんな当たり前だけど、忘れかけていたことを思い出させてくれた映画です。

3-1.ナードネタがすごい

英語で、オタクを表す言葉は2種類あります。

それがGeek(ギーク)とナード(Nerd)。ナードの方がより濃い感じ。そんなナードネタです。

他社のスマホのディスり方が面白い。かなりオタクな内容なんですが、本当に腹を抱えて笑いました。なかには、笑っちゃいけないものもあったんだけど、笑えました。

  • 「私はサムスン製のスマホのようにに発火しないわ。あれは笑えたけどね。」
  • 「少し欠陥があるからといって、2003年製モトローラのサイドキックみたいに捨てる気?」
  • 「Siriには会ったことがある。とんでもないアホだったよ。」
  • 「Alexaはアルコール依存症だし。」
  • 「Cortana(コルタナ)は娼婦だよ。あんたの母親と同じ。」

メーカーによっては、いわゆる黒歴史であり、触れて欲しくない部分だと思いますのでここでは解説はしませんが、ここまでストレートだと、爽快です。

3-2.サンフランシスコは自転車ブーム?

本作の舞台なんですが…急な坂が多いことやゴールデンゲートブリッジからもサンフランシスコだってことには気付かれたかと思います。

昔から、車が空を飛ぶように駆け抜けるカーチェイスシーンでよく使われた場所ですが、今は健康ブームもあいまって電気自転車電動キックボードが人気の座を奪ったもよう。

LIFE MAGというサイトの現地特派員であるHideさんの記事によると、アプリひとつでレンタル、決済、返却ができるうえに、バスにも自転車を載せるためのキャリーが備えつけられているんですって。

映画にチラッと出てくるバスにもありましたよね。

自転車移動は坂の多いサンフランシスコでも意外に楽!?現在の自転車事情/LIFE MAGより

自転車もルートによっては、急こう配な坂を避けて移動が可能で、車よりも早いのだとか。映画の中にも自転車で急な坂道をくだるシーンがありましたよね。二輪好きとしては、非常に興味があります。

あの坂道をくだってみたいなあ。

ところで、欧米の自転車ってスタンドがないことが多いですよね。

本作の自転車でもついていませんでしたし、Netflixドラマ「セックス・エデュケーション」でも登場する自転車にはスタンドがついてません。

あれってなぜなのか、海外の友人に聞いたところ、スポーツ自転車と生活用自転車の違いなんだそうです。

つまり、コンフォートとか、アーバンと呼ばれる生活用自転車には、スタンドはしっかりついているようなのですが、MTBや競技用自転車などには乗ることが目的で降りて停める必要が全くないため、はじめからついていないのだそうです。

用途と違いをしっかり理解しているため、不便に感じることもないし、逆にどの自転車にもスタンドがついている日本人の感覚が理解できないと言われました。

なるほどね。やはり欧米の人は、自転車でもスマホでも、その用途をしっかりと理解しており、その役割以上のことはさせない、つまりしっかり使いこなしているなと改めて感じました。

3-3.現代人のほとんどはスマホ依存症

スマホ依存症と聞くと、治療不可の末期症状のような響きがあるのでしょうか。大体の人が「私は違うよ」と言います。しかし、残念ながらそれは思い過ごし。みんなスマホ依存症です。

そのことを知るための簡単な質問を、いくつか用意しました。あなたはいくつ当てはまるか試してみてください。

  1. 自分の携帯番号、もしくは友達の電話番号を覚えていない。
  2. Google Mapをカーナビ代わりに使っている。
  3. 子どもが泣き出したらYouTubeを見せたり、ゲームをさせたりしている。
  4. LINEPay、PayPayなどで支払いを済ませるようになった。
  5. 通販の注文はスマホでしている。
  6. 音楽はいつもスマホで聞いている。

どれか一つでも当てはまれば、立派なスマホ依存症です。

お気づきでしょうか。

上記の質問は、今までその役割を果たすものがあったものばかりです。

  1. アドレス帳
  2. カーナビ
  3. テレビ、ゲーム機器
  4. 紙幣や通貨
  5. カタログ
  6. ミュージックプレイヤー

これら全ての機能が一台のスマホに凝縮されるのは確かに画期的です。これはテクノロジーの進歩の賜物です。でもそれに依存しすぎて、人との関わりや思考すること、いわゆる人間らしさを失ってしまったら本末転倒ではないでしょうか。

AppleのCEOティム・クック氏でさえも、テクノロジーやネットへの依存を問題視しています。

私は常に、テクノロジーは人類に奉仕すべきであり、その逆であってはならないと考えてきました。そして、人々がテクノロジーを使いすぎることをいつも心配していました。そこで私たちは、人々が実際にデバイスに費やしている時間を正しく読み取ることができるよう、スクリーンタイムを発表しました。

オンラインマガジン「Bustle」のインタビューより

テクノロジーは、使いこなせてこそ、その真価を発揮するのです。

4.「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」の配信状況

映画「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」はTSUTAYA、ゲオでも絶賛レンタル中で、以下のVODでも配信されています。

4-1.見放題で配信中

4-2.追加料金で視聴可能

5.「ジェクシー!スマホを変えただけなのに」の評価

映画レビュー集積サイトであるRotten Tomatoesには厳しい批評が並んでいました。

『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』に笑える箇所が乏しいのが意図的であるか否かは判断しかねる。しかし、このAIを題材にしたロマコメが依拠する発想が古臭く、アップデートを必要としているのは間違いなかろう

Wikipediaより抜粋

国内外のレビューサイトでの評価点は以下の通り。

Rotten Tomatoes★★★☆☆☆☆☆☆☆10点満点中3.56点
Imdb★★★★★★☆☆☆☆10点満点中6.1点
yahoo映画★★★☆☆5点満点中3.23点
Filmarks★★★★☆5点満点中3.5点

筆者自身の評価点は。

★★★★★★☆☆☆☆

6/10です。

素直に笑えるコメディで、観終わった後に色々と考えさせられるいい映画なんですが、下ネタも多くあまりたくさんの人にオススメできない部分もあるため、10点満点中6点です。

6.最後に

いつもながら日本語の予告編や、あらすじは本編ととえらくかけ離れていますよね。今回の映画もそうでした。

あたかもAIが暴走するような書き方をしていましたが、ジェクシーはあくまで持ち主の生活を向上させるため24時間でコーチングしてくれるAIアシスタントです。

暴走というよりは、背中をグイッと、かなり本格的に押してくれる存在ですよね。「人間の感情が理解できてしまうのが唯一の欠陥」というセリフがありましたが、これがまさにこの映画で描かれたアシスタントAIの姿でしたし、そんなジェクシーとフィルを通してテクノロジーに依存してしまう自分自身を見直して欲しい。そんなメッセージを感じ取ることができた映画でした。

今日はここまで。
See you soon!