iPhoneのカメラで綺麗に目上から撮影する方法

iPhoneカメラアプリの裏技

最近、ネット上でみかける料理画像は、真上から撮影されたものが多いですよね?

私は、ケーキなどは断面を楽しむタイプなのですが、料理は側面からよりも真上から撮った方が見栄えがいいですし、インスタ映えもします。

しかし、真上からの水平写真って、撮ろうと思うと結構難しくないですか?

自分の感覚で水平だと思っても、写真をみるとやはり少し傾きがあったりします。

そこでご紹介したいのが、iPhoneのカメラアプリ。実はおなじみのこのアプリに真上から綺麗に写真をとる裏技があるので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

真上から水平に写真をとる手順

アーモンドとブラックベリー

iPhoneを使い始めて何が変わったかと言われれば、やはり写真をたくさん撮るようになったことですね。

うちは子供がいるので写真はたくさん撮ります。

今まで一眼レフや、デジカメなどさまざまな機器を使ってきましたが、撮りたいときにすぐ取り出せて撮影できる点は、iPhoneにまさるものはありません。

私はプロの写真家ではありませんので、綺麗に撮る技術はありませんが、そこをiPhoneがカバーしてくれます。

今回ご紹介する裏技「グリッド」もまさにそのひとつです。さっそく、みていきましょう。

スポンサーリンク

グリッドを有効化する

グリッドをオンにする

まずは事前準備として、設定からグリッド機能をオンにするところからはじめます。

手順は以下の通りです。

グリッドをオンにする方法
  1. 設定アプリを開きます。
  2. 下の方にある「カメラ」をタップします。
  3. 「グリッド」をオンにします。
スポンサーリンク

プラスマークが重なるように撮影する

iPhoneカメラで真上から写真をとる

さて設定が終わったら実際に写真をとっていきましょう。

グリッドをオンにすると、カメラの画面に格子がでてくるようになりますが、注目して欲しいのは真ん中にある2つのプラスマークです。

このプラスマークを静かに重なるようにカメラを傾けて、角度を調整しましょう。

そして重なったら撮影ボタンを押します。これでOK!

綺麗な真上からの水平写真がとれます。

なお、グリッドをオンにするといつでもこのプラスマークはでてきますが、使わないのであれば無視して撮影してしまえばOKです。

商品画像やブログのレビュー画像などにぜひ、使ってみてくださいね。

それでは、また。Peace Out!

あなたのいいね!が
記事更新の励みになります