泥だらけになる子供を叱らないでほしい理由

    泥の中で遊ぶ子供達

    先日、公園で汚した子供を叱っている母親をみかけました。汚したといっても、前日の雨でぬかるんだ土の中に片足をつっこんでしまった程度の汚れです。

    なぜ私がこの光景をみて、不思議に思ったのかというと、汚すことを叱る行為が私には理解できないからです。

    我が家では汚すことを前提に遊ばせます。6歳の子供に汚すなというのは、至難の技であることは言うまでもありませんが、決して諦めからそのように放任しているわけではありません。

    理由は五感を育てるためです。

    なぜ五感を育てるのが大事なのか?

    浜辺で遊ぶ子供達

    妙におとなびた子供や、無表情の子供が最近増えていると言いますが、それは五感の発育不足に原因があるのではないかと思います。

    五感を育てることで、人間は感動する心が芽生えます。美味しいものを食べたり、チクチクする葉っぱを触ったり、よい香りの花に癒されたり。そのような感動体験を通して、人間は感情と感性が育ちます。

    無表情だと言われる子供たちにはそれがないのです。またそれらの感覚は教わるものではなく、自分で感じ取っていかなくてはなりません。

    自然の中で遊ぶことがなければ、五感を刺激する感動体験は得られず、感情も育っていかないのです。

    外で遊ぶ機会が減ったり、遊べても制約があったりすると子供は未知の体験をすることができなくなってしまいますので、ぜひもっとグチャグチャになるまで遊ばせて欲しいなと思いますね。

    しかし、一方で子供を外で遊ばせられなくなったという子育て世代の言い分も、同じ親として理解できる部分はあります。

    子供を外で遊ばせない親が増えている理由は?

    Naorichさん(@wkwkbrbrich)がシェアした投稿

    一番は危険であるということでしょうか。犯罪に巻き込まれるという意味合いもありますが、子供がうっかりガラスの破片を握ってしまう、そういう種類の危険性もあります。

    大人は平気でゴミを捨てていきますよね。ゴミといっても、おかしの紙クズからたばこの吸い殻まで様々あります。

    これぐらいのゴミだったら風で飛んでいくかもって思うんでしょうか?大人にとっては目に止まらないほど小さかったとしても、子供の視界にはしっかり入ってきます。そして、間違いなく拾います。

    赤ちゃんがいる家庭に遊びにいくと、「子供がハイハイするから」と小さなゴミやホコリに過敏になっている知り合いがいたでしょ?まさにあの心境ですが、外でも一緒なのだということを忘れないでください。

    また、最近はお砂場がどんどん減ってきていますよね。実はあそこをトイレ代わりにしてしまう動物が増えてしまっているからなんです。

    子供が変わった石をみつけたと握ってきたものが動物のフンだったら、そんな危険物はごめんこうむりたいですもんね。

    思いやりも五感からくるもの

    犬を可愛がる子供

    いまだにこどものいじめ問題が話題にあがりますが、他人を思いやる心も五感からくるものです。

    こんなことを言われたらどういう気持ちになるのか、いじめられている子供をみたらそれをどう感じるのか、五感がそして感情が欠如している子供には全く理解できません。

    言葉でさとしても感じ取ることができなければ、同じことは起きてしまうのだということ、忘れないでください。

    五感を磨くにはどうしたらいいのか?

    一番は自然の中で遊ばせることですが、感覚を大事にすることではないかと思います。

    例えば、子供が泥遊びしている時にどんな感じか、どんな感触か聞いてみてください。質問されることで子供は感覚を探ります。そして自分なりの言葉で表現しようとします。

    その積み重ねが子供たちにとっては経験となり、脳に蓄積されていく感覚になっていくのです。

    落ち葉の間から虫が飛び出してきた。突然雨がふってきた。そんな驚きや感動が五感を磨いていき、感情を育てていくのだと思います。

    昔から都会より田舎育ちの子供の方が感情が豊かで可愛らしいのは、このような五感の発達の違いからだったのかもしれませんね。

    これからを担う子供達を育てるとうこと

    子供たちと思いっきり遊ぶお父さん

    テレビやスマホは便利です。見せておけば、1時間以上静かにしてくれます。しかし、そこから五感は育ちません。

    PCやテレビからの作りモノでは、子供は感動を覚えることができず、感情が育たないのです。

    感情豊か、素直で明るい子供にしたいなら、まずは外で思いっきり一緒に遊んでください。

    そして、泥だらけになって汚れてきた子供をみたら『今日もいっぱい遊んだね』と褒めてあげてください。

    あなたのいいね!が
    記事更新の励みになります

    Twitter で