古いiPhoneのバックアップデータを削除してiCloud容量を節約する方法

iCloud.comのトップページ

ども!橘 右京(@nobitemasu)です。

万が一のためにiPhoneのバックアップデータをiCloudにいれているかと思いますが、あれってどんどん溜まっていくって知ってますか?

そこで今回は古いiPhoneのバックアップデータの削除方法と、「あの」メッセージがでたときの対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

古いバックアップデータは削除して大丈夫

機種変更などで新しいiPhoneへデータを移行する際、どの時点のデータを復元するか選択をする場面がありますが、そこに、数年前の古いデータがありませんでしたか?

データ選択時にはじめて気づくかたも多いのですが、バックアップデータはその時点でのものを入れていきますので、どんどん蓄積されていってしまいます。

放っておくと、iCloudの容量を圧迫してしまいますので、使っていない古いデータがあればどんどん削除していきましょう。

スポンサーリンク

iCloudから古いバックアップデータを削除する手順

古いデータを削除することで、iCloudを整理して貴重な5GBの容量を確保することにもつながりますので、お時間があるときにぜひやってみてください。

まずはおおまかな手順です。

iCloudバックアップを削除する方法
  1. 設定アプリを開きます。
  2. 一番上のご自身のアカウント名のとことろをタップします。
  3. 「iCloud」をタップします。
  4. 「ストレージを管理する」をタップします。
  5. 「バックアップ」をタップします。
  6. 削除したいデータをタップします。
  7. 「バックアップを削除」をタップします。
  8. 「オフにして削除」をタップします。

では、詳しくみていきましょう。

設定アプリからアカウント名をタップ

iPhoneの設定アプリを開く

一番上のところです。

「iCloud」をタップ

iPhoneのiCloudをタップする

少し下の「支払いと配送先」という項目の下になります。

タップすると現在iCloudの中にどんなデータがあるのか、その割合とiCloudを使用しているアプリなどを確認できます。

「ストレージを管理する」をタップ

iCloudストレージの中身

更に詳しくiCloudの中を確認できます。

ここにもし使っていない(もうiPhone上にない)アプリのデータがあった場合は削除しても大丈夫です。

「バックアップ」をタップ

過去のバックアップ

ズラッとデータが並びますので、不要なバックアップデータがないか確認しましょう。

「バックアップを削除」をタップ

古いバックアップを削除する

タップするとこんなメッセージがでるかと思います。

バックアップをオフにして。iCloudから”データ名”のバックアップデータをすべて削除しますか?

消していいかと聞かれたら不安になになりませんか?

ということで少しこの意味を解説しますね。

スポンサーリンク

本当に消して大丈夫ですか?

データを削除

データ名ですが、まずデバイスはiPadだったとしましょう。何も変更していなければあなたの名前が入るはずですので、”トム・クルーズのiPad”となっているはずです。

そして今はiPhoneを操作しているとします。

この場合、”バックアップ”は今操作しているiPhoneのことではなく、iPadのバックアップのことをさしますので、言い換えるとこういうことです。

iPadのバックアップ機能をオフにして、そのiPadのバックアップデータを削除してもいいですか?

というわけなので、ここはちゅうちょすることなく「オフにして削除」をタップしてくださいね。

スポンサーリンク

iCloudのデータを節約しましょう

いかがでしたか?

古いバックアップデータはおいておいても使うことはありませんので、不要であれば削除して整理しておきましょうね。

それでは、また。Peace Out!

あなたのいいね!が
記事更新の励みになります