2019/06/01

iPhoneのおやすみモード中でも特定の人またはグループからの着信を許可する方法

iPhone6と寝る子犬

    iPhoneのおやすみモード中でも着信を許可する方法

    iPhoneのおやすみモードを利用すると、すべての電話着信、メールやアプリなどの通知が届いても振動や光で知らせることはなく、画面は暗いままになりますよね。

    そのお陰でiPhoneを気にせず、仕事や会議に集中できるようになります。

    しかし、家族からの緊急連絡があった際に知らせてくれないのは、困りませんか。

    そこでiOS10から、緊急連絡先に指定した特定の人からの連絡は、おやすみモード中でも振動や光で知らせてくれるようになりました。

    ということで今回は、おやすみモードがオンになっているときでも、緊急連絡先に指定した特定の人、またはグループの人からは従来通りの方法で通知してくれるようにする方法をご紹介します。

    こちらの記事もあわせて読みたい

    iPhoneのカメラで綺麗に目上から撮影する方法

    スポンサードサーチ

    おやすみモード中でも特定の人からの連絡を通知させる方法

    iPhoneのおやすみモード中でも特定の人からの着信を許可する方法

    では、さっそくいってみしましょう。

    おやすみモード中でも特定の人からの通知を受けるには、連絡先から個別に設定していく必要があります。

    その方法をご紹介します。

    • Step1:「連絡先」または「電話」アプリから連絡先を開く
      連絡先アプリと電話アプリ
      「連絡先」アプリまたは「電話」アプリどちらからでも連絡先にアクセスできますので、好きなほうからいってください。
    • Step2:「編集」をタップする
      連絡先の編集ボタン
      緊急連絡を許可したい人に連絡先を開き、右上の「編集」をタップします。
    • Step3:「着信音」をタップする
      連絡先の着信音
      下へスクロールしていくと「着信音」という項目がでてきますので、そこをタップします。
    • Step4:「緊急時は鳴らす」をオンにする
      緊急時は鳴らす
      出てきた項目の一番上に「緊急時は鳴らす」というのがありますので、そこをオンにすればOKです。

    この方法で、例えば会社や学校など個人でなくても指定することができますが、あまり多い場合はグループごとだったり、ざっくりとよく連絡を取り合っている人全員の通知を許可することもできます。

    スポンサードサーチ

    【おまけ】おやすみモード中でも多数の人からの通知を受ける方法

    iPhoneのおやすみモード中でも多数の人からの通知を許可する方法

    言い方がすこしややこしいかもしれませんが、例えばiPhoneの連絡先に特定のグループを設定しており、その人たち全員からの連絡は振動や光で知らせて欲しい場合は、別の設定方法があります。

    それはおやすみモードの設定からざっくり全員、よく使う項目、誰も許可しないなど指定する方法です。

    用途に合わせて使い分けていただければと思います。

    • Step1:設定アプリを開く
      iPhoneの設定アプリ
      まずは、設定アプリを開きます。
    • Step2:「おやすみモード」をタップする
      設定アプリ内のおやすみモード
      下のほうへスクロールすると、「おやすみモード」がでてきますので、そこをタップします。
    • Step3:「着信を許可」をタップする
      設定アプリ内おやすみモードの着信許可設定
      さらに下へスクロールしていくと、着信という項目がでてきますので、そこをタップします。
      すると、全員、だれも許可しない、よく使う項目、グループとありますのでここで設定をしてください。

    スポンサードサーチ

    おやすみモードを使いこなしてスマホから離れよう!

    iPhoneのおやすみモードを使いこなそう

    おやすみモードというと、寝る時をイメージしがちですが、本家の英語では「Do Not Disturb」という名称のこの機能。

    文字通り様々な場面で邪魔されたくないときに有効な機能ですので、用途によって使い分けて有効活用してみてください。

    ちなみに私は記事を書いている時や、仕事中のときにそのつど手動で切り替えて使用していますよ。

    それでは、また。See you soon!