Macのスクリーンショットをショートカットキーとアプリでとる方法

Macでスクリーンショットをとる方法

Macにかぎらない話ですが、新しいデバイスを買ったらまずスクリーンショットの撮り方を覚えてください。

スクリーンショットは不具合や使い方がわからないとき、自分の疑問を他人に理解してもらう一番有効な手段だからです。

Appleサポートはじめ、さまざまなサポートセンターの仕事をしてきましたが、本題に入る前にスクリーンショットの撮り方を教えるとこからはじめていました。本当に毎回。

Macでスクリーンショットを撮る方法は大きく分けて2つあります。キーボードショートカットを使う方法と、Mac純正アプリ「スクリーショット」を使う方法です。

今回はその2つの手順を、画像つきで詳しく解説していきます。

【関連】なぜMacアプリはXボタンを押しても起動したままなのか?

本記事では各用語を以下の意味で使用しています。

  • 撮影する・・・静止画を撮影すること
  • 収録する・・・動画を撮影すること
目次

全画面のスクリーンショットを撮る手順

「カシャッ」というシャッター音が鳴って、そのとき画面上にあるものすべてが撮影されます

とっさに撮影したいときはこの方法にかぎります。

1.撮影する

Macのショートカットキーの shift + command + 3 を使います。

純正キーボードでいうと、この位置。

ショートカットキー「shift+command+3」

外部モニターを接続してサブディスプレイとして使っている場合は、そのサブディスプレイの分も撮影されますので、画像は2枚になります。

2.編集する

撮影すると、画面右下ににサムネイルがでてきます。これをフローティングサムネールといいます。

iMac上のフロートサムネイル

フローティングサムネールをクリックすれば、その場で切り取りなど編集することもできます。

フロートサムネイル上の編集バー

編集しない場合は、フローティングサムネールを右へスワイプ、またはそのまま放置することで編集作業をスキップできます。

3.保存する

編集画面の左上の×ボタン、または右上の完了ボタンを押すと編集は完了です。

完了すると、撮影されたスクリーンショットが自動保存されてデスクトップ上にあらわれます。

iMacのデスクトップ上にあらわれたsクリーンショット画像

特定のウィンドウのスクリーンショットを撮る手順

画面上にあるものすべてではなく、例えばsafariの画面など一部のウィンドウを撮影したいときの方法です。

1.カメラアイコンを出す

ショートカットキーは shift + command + 4 + space bar です。

この位置。

ショートカットキー「shift+command+4+space bar」

ポインタがカメラアイコン()に変わりますので、撮影したい部分を選びます。

選んだ部分は青色に反転します。

選択部分が青色に反転したスクリーンショット画像

2.撮影する

クリックすると「カシャッ」というシャッター音がなってフローティングサムネールがでてきます。

画面右下にあらわれたフロートサムネイル

3.編集する

こちらも同じようにフローティングサムネールをクリックすれば、編集できます。

4.保存する

編集せずにそのままフローティングサムネールを放置するか、編集画面の左上の×ボタン、または右上の完了ボタンを押すと編集は完了です。

画像はデスクトップ上に保存されます。

5.影をつけずに撮影する

この方法で撮ったスクリーンショットは自動的に影がついて立体的な仕上がりになります。

影のついたスクリーンショット画像と、通常のスクリーンショット画像の比較

これをなくすためには、カメラアイコンがでたときに option キーを押しながら撮影します。

つまりもうひと手順加わります。

  1. shift + command + 4 + space barでカメライコンを出す。
  2. option を押しながらクリックする。

指定した範囲のみのスクリーンショットを撮る手順

ざっくりいえば自分で撮影する範囲を選択する方法ですね。

撮影する部分が決まっている場合は、この方法のほうが無駄がありません。

ショートカットキーは shift + command + 4

この位置です。

ショートカットキー「shift+command+4」

ポインタが十字型のアイコン()に変わりますので、撮影したい部分を選んでクリックします。

同様にクリックすると「カシャッ」というシャッター音のあとにフローティングサムネールがでてきます。

編集、保存の流れはまったく同じなので省略します。

編集、保存方法を振り返る

Mac純正アプリ「スクリーンショット」を使う手順

Macに内蔵されているアプリに「スクリーンショット」というものがあります。

macOS 10.14 Mojaveから導入されたアプリで、以前は「グラブ」というアプリでした。

今はこれね。

このアプリがすごい多機能なんです。

前述のスクリーンショットのほかにもこんなことができます。

  • 画面全体を収録できる
  • 選択した範囲を収録できる
  • 撮った画像の保存先を変更できる
  • タイマー撮影ができる
  • マイクを使った解説動画が作れる
  • 最後の選択部分を記憶できる
  • 撮影、収録しながらマウスポインタを表示できる

Macユーザーならぜひ活用して欲しいアプリです。

1.スクリーンショットアプリをクリックする

まずはスクリーンショットアプリを起動します。

一番簡単なのは、こちらのショートカットキーです。

shift + command + 5

ショートカットキーだと余計に混乱してしまう場合は、通常通りアプリをクリックして起動しましょう。

アプリケーションに行き着く方法はいくつかあります。

Finder→アプリケーション→ユーティリティの中からか。

Finderからスクリーンショットアプリを探す

Launchpadのその他の中か。

Launchpadの中のスクリーンショットアプリ

Spotlight検索からでも出てきます。

スポットライト検索からスクリーンショットアプリを探す

2.撮影または収録する

アプリをクリックすると、メニューバーがでます。

スクリーンショットアプリのメニューバー

カーソルを合わせれば説明がでてきますので、目的の方法を選択して収録を押します。

3.編集する

基本的にはデスクトップに保存されますが、保存先を変更している場合は該当の保存先に入ってますので、そこから編集すればOKです。

まとめ

Macでスクリーンショットを撮るなら、ショートカットキーがアプリが便利です。

アプリをDockに入れておいてもいいかもしれませんね。

ぜひ役立ててみてください。

それでは、また。
See you soon!

Macでスクリーンショットをとる方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる