機械オンチでも5秒で理解できる白ロムとSIMフリーの違い

白ロムとSIMフリーの違い
皇帝ペンギン親子

格安SIMに興味がる人「SIMフリーとか、白ロムとかってなんのこと。SIMフリーと白ロムの違いを教えてください。」

格安SIMを検討しているとよく目にするのがSIMフリーと白ロムという名称ですよね。今回はそんな2つの言葉の意味を、元携帯ショップ店員であるたちばなが分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

白ロムとは端末の状態を色で区別した言い方

白ロムとSIMフリーは違う

携帯端末はSIMカードを挿入しないと通話も通信もできません。

つまりSIMカードには携帯番号や回線情報等が書き込まれており、それを端末に挿入することで初めて携帯電話機として機能します。

また、解約時にはSIMカードを抜くと同時に端末に登録されている電話番号を本体ロムから消去することから、白ロムという呼び方をします。

ではもっと白ロムを理解してもらうために、白ロムとは別の状態を別の色で表すこともありますので、それをご紹介します。

白ロムは解約された状態の端末のこと

先に言ったようにSIMカードが挿入されていない状態のことを白ロムといいますが、単純にSIMカードが入っていなければいいというわけではありません。

きちんとした解約手続きを行った上で、端末上の電話番号や写真などのデータが跡形もなく消えている状態であることが理想的な状態です。

言い方を変えれば、白ロムは「誰かが一度契約したことがる中古スマホ」のことになります。

黒ロムはSIMカードが入っている状態のこと

逆にまだ契約中で書類上持ち主が存在し、SIMカードも挿されている状態の携帯電話機を黒ロムといいます。

駅の落し物コーナーに届けられた状態を想像してもらえば分かりやすいかもしれません。

分割が残っていると赤ロム

今はほとんどの方が端末を分割払いで購入しているかと思いますが、その残債が残っているとネットワーク利用制限と呼ばれる足かせが働いてしまい、実質利用できなくなります。

この状態のことを業界では赤ロムといいます。

赤ロムかどうかの確認は以下のサイトから行うことができます。例えばネット販売されている中古スマホなどの状態を確かめたいときは、端末番号さえわかれば自分で調べることができます。

スマホ買取もまずはそこから調べます。

NTTドコモ:ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
au:ネットワーク利用制限携帯電話機について
SoftBank:ネットワーク利用制限携帯電話機について

サイトのみかた

記号の意味は以下のとおりです。

○:支払い済み。△:支払い中。×:通信制限中(赤ロム)。

△の場合は赤ロムになる危険性があります。逆に✕でも、契約者が支払いを済ませれば○に変わる事もあります。

紛失や破損による解約状態が灰ロム

例えば端末が大破して使用できない状態のものは、解約を余儀なくされるものの電話番号などの記録が端末に残った状態になります。

この状態のことを白と黒の間という意味で灰色ロムと呼びます。

完全に業界用語で、この状態のものが店頭に並ぶことは、例えジャンク屋であっても並ぶことはありません。基本的には。

ショップに到着したばかりの半黒ロム

これも業界用語ですが、ショップに到着して在庫となった状態の端末を、これから契約するという意味合いで半黒ロムといいます。

しかしこれはショップ店員でもまず使わない用語です。ちなみに私が働いていたショップは入荷した端末を区別するために半黒シールを使っていたので覚えただけで、マニュアルにも記載はありません。

スポンサーリンク

SIMフリーとは?

SIMフリーとは

次にSIMフリー機についてです。これは特にau、docomo、SoftBankの日本3大キャリアが関係してくるお話です。

解約防止の縛りがSIMロック

例えばauで購入したiPhoneはSoftBankでは利用できません。これはau版iPhoneにSIMロックがかかているためで、解約防止の囲い込み戦略のひとつです。

しかしこれはいかんということになり、「ユーザーが望むならSIMロックを解除してあげなさい」という通達が総務省からおりてきました。

それ以降、au、docomo、Softbank各社は、消費者からの要望があればそれぞれ販売している端末のロックを解除してSIMフリー機することが義務付けられましたが、ほとんど有料で3000円(税抜き)ほどかかります。

義務なら無料にしなよって言いたくなりますよね。そんなところでお金を取ることも囲い込みなんじゃないのとツッコミたくなります。どこまで儲け主義なんだか…。

格安SIMはSIMフリー機じゃないと使えない

昨今でてきたmineoLINEモバイルなどの格安SIMを利用するには、当然ながらロックが解除されているSIMフリー機じゃないと自由に使用できません。

また海外製のスマホ機も基本、すべてSIMフリー機になります。

しかし最近は例外もでてきました。

スポンサーリンク

SIMフリーじゃなくてもいい例外

SIMフリーじゃなくてもいい例外

最近、格安SIM会社の公式サイトをみていると、「au回線そのまま使えます」などのうたい文句がかかれていますよね。

あれをみて混乱したかも知れませんが、例えばLINEモバイルのdocomo回線は、「docomoで購入した端末はSIMロック解除しなくてもそのまま利用できます。」という意味なんです。

SIMフリーにするためのSIMロック解除は基本的に有料ですから、その費用さえも抑えてしまおうという戦略で、さすが格安SIM!そこまで格安にしちゃうのねって感じです。

スポンサーリンク

SIMフリーと白ロムは全く別の話

セルフィー

さてここまでお話しすれば、SIMフリーと白ロムは全く別次元のことを言っていることが分かりますよね。まとめるとこんな感じです。

  • 白ロムとは一度契約された中古端末のこと。
  • SIMフリーとはどの携帯電話会社でも利用できる端末のこと。

理解してしまえばなんてことはないことでしょ?

白ロムとSIMフリーの違いをしっかり理解して少しでも安く携帯電話機を使っていきましょう。

では、また!

あなたのいいね!が
記事更新の励みになります