1 Shares

元ショップ店員が暴露する2年で機種変更しないと損する仕組み

スマホを操作する  

こんにちは!花粉症と日々闘っている橘 右京(@nobitemasu)です。

携帯電話をau、docomo、Softbankで契約している方は、2年で機種変更しないと、そのままでは月額利用料が高くなってしまいます。

2年以内に解約すると違約金が発生する2年縛りとは別に、高額な本体を2年間の分割にしているかと思いますが、2年経過後に料金が高くなってしまうのは、特有の割引がなくなるからなんです。

今回はそんな仕組みを、元携帯ショップ店員が解説していきます。

スポンサーリンク

機種変更とは?

機種変更の相談に来られる方で一番多かった内容は、いつ機種変更していいのか。もしくはいつするべきなのかという質問でした。

たしかに、機種変更はタイミングを間違えますと、料金が高くなってしまうこともありますので、注意が必要です。

端末支払い終了時が絶好のタイミング

携帯端末はほとんどの方が分割払いにされているかと思いますが、この端末の支払いが完了した際が、機種変更のタイミングとしてはベストです。

このタイミングを、基本プランの2年契約と混同されてしまう方が多いので、ショップで詳しく確認しておきましょう。

プランの見直しの機会でもある

iPhoneの新機種は1年に1回発売されますが、他のメーカーは半年に1回のペースで発売されることもあります。

そして新機種と同時に、新しいプランも発表されことがあります。そう考えますと、2年という期間はプランの見直しにも適したサイクルだといえます。

各種プランや割引は条件がありますので、必ずしも当てはまるとはかぎりませんが、それでも過去の利用金額をもとにプランの確認をしておくべきでしょう。

また、このタイミングがキャリアによっては非常に分かりづらい場合がありますが、共通していえることは、請求が完了した日以降となりますので、注意が必要です。

なぜ2年で機種変更した方がいいのか?

ハピ♡どきさん(@hapi_doki)がシェアした投稿

2年ぐらいで機種変更するのは、もったいないと考える方も多いかもしれませんが、機種変更した方がいい理由が大きく分けて2つあります。

  • バッテリーの持ちが悪くなる
  • 月額料金が高くなる場合がある

2年経過して料金が高くなると言うと、驚かれる方がいます。

「2年経てば機種代金の分割が終わるので安くなるのでは」と。

しかし残念ながら現在の日本の携帯料金は、2年ごとに機種変更しないと損する仕組みになっている場合があります。

バッテリーと料金、この2つを詳しくご説明していきます。

バッテリーの持ちが悪くなる

ガラケーの時代から、携帯は夜には充電するものという癖が付いている方が多いかと思いますが、電池残量が残っている状態から繰り返し充電を行うと、電池が劣化していきます。

また、スマホは操作していない時でも絶えず通信を行なっていますので、電池の減りが早いのも事実ですが、ガラケーと違ってほとんどのスマホは昔ほど簡単に電池交換ができません。

できたとしても、高額になるうえに修理センターに郵送するなど、時間がかかります

使用頻度にもよりますが2年も経てば、電池残量100%の状態からでも、1日持たなくなりますので、機種ごと変更しないといけなくなります。

あくまで個人差がありますので絶対ではありませんが、2年経過すると電池をはじめ、様々な部分が劣化していきますので、機種変更を視野に入れた方がいい場合があります。

機種変更しないと料金が高くなる場合がある

料金が高くなることに関しては、まず携帯料金がなぜこんなに高くなったのか。その経緯をご理解いただいた方がわかりやすいかと思いますので、ご説明していきましょう。

ー遠い遠い昔、PHSから携帯電話に移り変わろうとしていた時代ー

機種代金は0円が当たり前でした。ただ同然で配っていた時代があったんです。

たちばな困り顔
たちばな

今では考えられないですよね・・・。

その後、機種は電話だけでなく、カメラなど様々な機能が追加されていきます。

当然そのことによって機種本体の値段が上がり、ここから機種代金分割の時代に突入するわけですが、そこでネックになったのが消費者側の負担金の増加です。

単純に機種代金を分割しただけでは、当然ながら分割金も高くなってしまい、利用者は減ってしまいます。

ケータイは高いというイメージはここから根付いたものでした。

そこで登場したのが、機種にかかる割引というサービスです。

SoftBankは月々割、auは毎月割、docomoは月々サポートとそれぞれキャリア(携帯会社)によって呼び名が違いますが、この割引のことを指します。

この割引のおかげで元値が高い機種でも購入しやすくなりましたが、これには意外な盲点があり、2年経過しないと料金が高くなる恐れがある原因でもあります。

私たち消費者が機種代金月々500円と認識しているその料金は、実は元の機種代金1,000円に500円の割引が入っており、実質500円しか払いっていないというだけであって、契約上は月々1,000円の買い物の支払いをしているという前提を理解しておく必要があります。

それを踏まえて携帯料金をみていきますしょう。

Aさん:機種代金月々600円ー割引800円+基本料金700円=月額利用料500円
Bさん:機種代金月々500円ー割引400円+基本料金500円=月額利用料700円

Aさんは高い機種を買っていて、基本料金も高いのにBさんよりも安いですよね。

月々が少しでも安いと助かりますが、Aさんの場合機種代金を払い終わる2年後に注意が必要です。

なぜなら2年後、つまり機種代金の分割が終了するとそれに伴って割引も終了するからなんです。つまり2年後どうなるかというと、、、。

<2年後>

Aさん:機種代金0円ー割引0円+基本料金700円=月額利用料700円
Bさん:機種代金0円ー割引0円+基本料金500円=月額利用料500円

このようにAさんは逆に高くなってしまいます。この仕組みをしっかり理解しないと、2年後に痛手を被ることになるんですよね。

これが機種変更しないと逆に損する仕組みなので、ご自身の契約がこのパターンに当てはまる場合は、機種変更は必須といえます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で