2018/02/071 Shares

Chromecastの設定を画像付きで詳しく解説

Chromecastの電源コード  

こんにちは!テレビのチャンネルがNHKと合わせても4局しかないところに住んでいる、橘 右京(たちばな うきょう)です。

たちばなスマイル
たちばな

ついに買いましたよ♪Chromecast!

これまで映画はショップでレンタルしてました。お店までは車で20分ほどかかります。

レンタルでも悪くはなかったんですが、海外ドラマとか身始めますとイッキ見したくなりますよね。

そんな時に続きが他の方に借りられていると、返却日を狙って何度も足を運ばないといけなくなります。

そんなわずらわしさからも解放してくれそうなので、ウキウキが止まりません。

また実際に購入してみたことで、セッティング手順なども勉強になりましたので、その一部始終をご紹介します。

スポンサーリンク

Chromecastとは?

pin

広告等で見かける、Chromecast。正直私も“なんとなく”でしかその機能を理解していませんでしたが、改めて整理してみますと以下のことができるようになります。

Chromecastとは、Googleが開発・販売する小型のデバイス。テレビのHDMI端子を介してWi-Fiで接続することにより、スマートフォン、タブレット、パソコンなどで表示している動画、音楽、写真、ウェブページなどの高品位画像をテレビで観ることができる。引 用:Wikipedia

つまり、YouTubeなどの動画やゲーム、撮った写真などをテレビに映してみることができるという優れものなんです。

高価なホームシアターを機材を買わなくても、5000円前後でそれが実現できるなんて、夢のようだと思いませんか。

たちばな困り顔
たちばな

テレビにつなぐようだけど、それで映画とか観れるってどうなってるんだろう?

事前に調べただけでは、あまり理解できない部分がありましたが、実際に使用してみてクリアになった部分が多数ありました。

そこで、今購入を迷っているあなたに、私が購入時に戸惑った部分をご紹介しますので参考にしてみてください。

Chromecastの種類

pin

Chromecastをネットで検索すると、違う形状のものが出てきて「あれ?」と思われるかもしれません。実はそれ、モデルの違いです。旧モデルと新モデルの違いをざっとまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  Chromecast(第1世代) Chromecast(第2世代) Chromecast Ultra
外観 Chromecast-第1世代 Chromecast-第2世代 Chromecast-Ultra
発売日 米国:2013年7月24日 日本:2014年5月28日 米国:2015年9月29日 日本:2016年2月18日 米国:2016年10月05日 日本:2016年11月22日
対応テレビ 1080p HDまで対応 1080p HDまで対応 4K Ultra HD および HDRまで対応
通信 Wi-Fi より速く安定したWi-Fi より速く安定したWi-Fi イーサネット(有線)
定価 ¥4,536(税込) ¥5,370(税込) ¥9,720(税込)

▼詳しいスペックの比較はこちらから

Chromecastを利用するためには何が必要なのか?

pin

便利なのは知っているけど、実際にどのような機器や設定が必要なのか気になるところもいっぱいあると思いますので、順番にご紹介しましょう。

安定したWi-Fi環境を整える

ChromecastはWi-Fiなしでは利用不可ですので、これは必須条件になります。

動画を視聴する際は通常、ダウンロード完了後に再生しますが、それでは時間が掛かってしまうため、ダウンロードしながら同時に再生するという方法がとられます。

それをストリーミング再生といい、その際にWi-Fi通信を行うため、Wi-Fiは絶対条件になります。

Chromecast利用条件:HDMI端子付きのテレビ

Wi-Fi通信でストリーミング再生したものをテレビに映し出しますので、テレビ側にHDMI端子がないと利用できません。

HDMI端子は昨今のテレビにほとんど標準装備されているものですので、心配はないと思いますが、念のため説明書等で確認しておきましょう。

HDMIケーブル差込口

もし説明書が手元にないという方は、テレビ背面をみて以下の写真ような差込口があるかどうか確認をしてください。

Chromecast利用条件:コンセント

Chromecast自体にも電源が必要になります。テレビにUSB端子があれば、そこから電源をとることもできますので、必須ではありませんが、別に電源コンセントを取りたい場合はコンセントが必要になります。

特にテレビ周りは、テレビの電源、DVD、その他の機器等で既に“満席状態”であることがほとんどかと思いますので、必要に応じて配線整理をしましょう。

Chromecast第2世代レビュー

Chromecastパッケージ

ではここからは実際に購入したChromecast第2世代のレビューを交えた初期設定方法をご紹介しましょう。

Chromecastの箱を開封する

いよいよ開封!

Chromecastのスタートガイド

箱についていた帯が外れて、スタートガイドがお目見えします。この簡潔さが好きです。

箱に入ったChromecast

蓋を開けるとChromecastが登場!実寸は思っていたより小さい感じでした。

Chromecastの電源コード

Chromecastの下には電源コードが。

Chromecastの同梱物

というわけで、これが初期同梱物になります。

パナソニックビエラのHDMI

我が家のテレビを確認。パソニックのビエラは裏面にHDMI端子があります。

テレビから電源をもらう

HDMI端子に接続したら、Chromecast本体の電源を確保しますが、このようにテレビのUSB端子からでも電源はとれます。

電源が入ったChromecast

電源をとったらChromecast側面のライトが点灯、このように変化したらOKです。10秒ぐらいで変化しました。

Chromecastのセットアップ画面

ここでテレビをONすると、このようなセットアップ画面が出てきます。分かりやすいですよね。

Chromecastを操作するためのアプリ

画面に出てきたURLを入力するとこのような画面に飛びますので、必要に応じてアプリをダウンロードします。

Chromecastの設定

画面に従って、Wi-Fi設定等を順番に行なっていきます。

Chromecastに名前をつける

Chromecastに名前をつけます。我が家は「Chromecastくろた」になりました!

Chromecastの初期アップデート

設定完了後はお決まりのアップデート画面に。

Chromecastアップデート中のテレビ画面

テレビ画面側もこのようなアップデート画面になりますので、待ちます。

Chromecast準備完了

この画面になれば準備完了です。

設定を終えて

初期設定も簡単ですぐに完了しました。これからどんな世界が待っているのか楽しみです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で